2013年(平成25年)1/4(金)にキックオフしました!!

新年 明けましておめでとうございます。

新年1月元旦早々、当地の氏神様の山田神社に初詣して、kabの新年は始まりました。

今年のみつや不動産の方針を、1/4(金)キックオフ会議で決めました。

・通貨の大幅量的緩和とシェールガス革命

アメリカ連邦銀行は、2009年(リーマンショックの翌年)にQE1(Quantitative Easing Program1):140兆円、2010年にQE2:49兆円、さらに昨2012年9月にQE3:毎月3.1兆円を失業率改善するまで続ける、との最大級の量的緩和、つまりドル紙幣の大量発行を行っています。日本でも阿部内閣は同様の大幅量的金融緩和を進めています。これらの膨大なお金は投機に回ってしまいますと、そこでミニバブルを生じると思います。

シェールガスなど天然ガスの供給がドンドン増えていて、ガスタービンコンバインドサイクル発電(天然ガスによる高温のガスタービンとその高熱による水蒸気ボイラーの両方を利用する発電で、エネルギー効率が60%という画期的な発電)も実用化された中で、日本は原発に頼らなくても大丈夫となりました。

・消費税の駆け込み需要による堅調

消費税が、来年2014年4月8%、再来年2015年10月10%となってしまう中で、現在kabのテリトリー内では駆け込み需要により不動産の売買が堅調です。古家解体業者も、宅地造成工事会社も多忙です。そこで、みつや不動産は、物件を積極的に購入、あるいは委任物件を増やしています。現在20物件です。

しかし、今年夏には駆け込み需要は減ってしまうと考えます。

また、弊社社員は全員、もっと不動産情報を集める、もっと勉強し、知識を増やす、もっと地主様・お客様とコンタクトする、も決めました。

さらに、北山田商業振興会の4/6(土)、7(日)山田富士公園さくら祭りなどの活動に、積極参加することも決めました。

女神は山田富士公園に微笑む!!

4/7(土)、8(日)の山田富士公園“さくら祭り”に両日合計で2万8千人もの方々が来てくれました。

北山田小学校、東山田小学校、南山田小学校、牛久保小学校、そして東山田中学校と、この地区のすべての公立学校が演舞大会に出演してくれました。

その写真は弊社のこのホームページに載せています。

Kabが一番心配だったのは、お天気と事故とお金です。女神が山田富士公園“さくら祭り”に来てくれ、すべて上々の結果でした。

4年前の「グリーンライン」開業式“さくら祭り”も晴れでした!

お天気は季節の変わり目なのに両日とも晴れでした。一日目の4/7(土)は風強く、寒かったものの二日目の8(日)は暖かく、桜も八分咲きでした。

4年前の2008年3月29日(土)に「グリーンライン」開業式典“さくら祭り”を挙行した時も、半年前以上から3/29(土)と決めていたにもかかわらず、上天気で山田富士公園の桜が丁度満開でした。

事故なく楽しんでいただきました。

北山田交通安全協会の方々に交通整理をしていただき、北山田家庭防災員の方々に救急体制を組んでいただき、事故なく終わりました。

北山田駅徒歩2分ということで、車というよりもグリーンラインでいらっしゃった方が多数おられました。

グリーンライン各駅の山田富士公園“さくら祭り”新聞特集号「号外」もポスターも貼らせていただき、グリーンライン車内ビデオでも紹介していただいたその効果は絶大でした。

少額予算内で盛況のうちに成功しました。

前記の新聞特集号「号外」は二面に掲載していただいたお店・医院からの広告費でほぼ賄えました。

テント代は、模擬店(1日1万円)22店とフリーマーケット(1日500円)120ブースの収入でほぼ賄えました。

ビンゴ大会の625もの賞品はほとんど協賛品でした。

それ以外の支出は、協賛金と「お祝い」でほぼ賄えました。

こうして、2万8千人もの人・人・人で埋め尽くされた山田富士公園“さくら祭り”は少額予算で盛況のうちに成功いたしました。

消防車3台、起震車1台も来てくれましたが、「白バイや交通安全を教えてくれる車は今年は来ないのですか」と何人の人から言われました。

桜を楽しむ中で、「安心・安全・明るい街 都筑」に役立つイベントを考えていきます。

みつや不動産、2012年(平成24年)方針を決定!!

みつや不動産は2012年(平成24年)1月5日にキックオフ会議を開き、2012年(平成24年)方針を決定いたしました。

2012年(平成24年)の状況は?

(1) アメリカ:1971年の「ニクソンショック」でドルと金の兌換(交換)しない(1ドル360円の固定相場崩れ、ドル札いくらでも発行できる)、ベトナム戦争敗北もあり、基本的にバブル経済。しかし、石油資源(含オイルショール)、石炭資源保有し、小麦粉等農業輸出国であり、世界一の軍事力を持っている。

(2) ヨーロッパの主な国は、かつては莫大な植民地を保有していた。現在は、金融デリバティブ的バブルと借金経済、ギリギリ綱渡り続く。ユーロ大量発行によるインフレ政策をとらざるを得ない。

(3) 東南アジア:市場は拡大中。「日本の工場」になりつつあるが、タイの洪水被害に見られるようにインフラ整備が不十分である。

(4) 中国:急速すぎる「経済発展」の為、矛盾多い。貧富の差が拡大しつつあり、社会不安大きい。不動産バブル崩壊が始まった。

(5) 日本:無理やり原発「冷温停止」⇒復興需要、超金融緩和続く⇒不動産は堅調、賃貸物件⇒より過剰になる(空室率20%以上)。不良債権は減らない。歳出削減(国会議員定数削減等)なき増税(相続税・消費税等)で経済の動き止まる。財政改革成功させなければ、少子化の日本に将来はない。同時に「ひらがな」「工業・農業の技術」「着物・庭園・浮世絵」等、Only-one、No.1の日本に誇りを持つ必要ある。

2012年(平成24年)方針:積極策をとる

(1) 物件の積極購入するが、高値買いは絶対しない。昨年は11か所購入した。今年度後半は開発造成工事完了した物件を売り切ることに集中する。

(2) 賃貸物件の当社ホームページ(mitsuya39.jp)への「山田地区100%掲載」を推進する。現在90%はカバーしたので、来店客が月3組程度⇒毎週数組と増えた。

賃貸物件供給過多 vs 少子化】で空室率が20%以上になるから、当社の果たすべき任務はさらに重要となった。

山田地区を、さらにさらにより良い住環境の住宅地「みんな仲良い北山田」とするために、山田富士公園“さくら祭り”、盆踊り大会、お神輿・秋祭りなどに積極参加する。

17年間続けている「地主さまへの手紙」(500軒の地主さまへの定期的資料郵送)を継続する。

(3) お客さま、地主さまに対する「報告・連絡・相談(ホウレンソウ)」をさらに徹底する。

不動産に関する勉強をさらに積極的に実行し、少なくとも、資産税についてその骨格と特例や特別控除はすべて覚える。

いつに福島の原発問題は解決できるのか?

高濃度の放射能の中で、核分裂反応を制御できるのか?

原子力発電所とは、ウラン235に中性子をぶつけ、ウランの原子核を分裂させることによって得るすさまじい熱(1グラムのウラン235の核分裂は8.2×10の10乗ジュール=石油燃料の100万倍のエネルギーを生み出す。アインシュタインの言うE=mc2乗によって計算可能)を利用して、水を水蒸気にかえ、発電タービンを回して、電力を作るものです。当然のことながら、人間を死に至らせる放射能を同時に大量に放出します。原子核を破壊する高速の中性子も放出しますから、Kabは人間では制御できないと考えます。また、原発は原発建築費、廃炉の費用のことまで計算に入れると、エネルギーコストは石油エネルギーより高くなってしまいます。原発は冷却水として大量の水を必要としますので、海水を利用できる海の近くに建てざるを得ず、そうですので東京電力が100%安全と断言したものの、今回の大津波によって破壊されてしまいました。

福島の原発は沸騰水型軽水炉で、炉心に直接水を接触させ、その蒸気で直接タービンを回すため、構造は簡単なかわりに、100%密閉をしなければこの水を通して放射能は外部に漏れてしまう危険性が高いです。

実際、今回ヨウ素131が、タービン建屋内から通常の10万倍も検出され、東京・埼玉・茨城でも検出されたということは、原子炉内の放射性物質が外部に漏れた、または漏れていることに他なりません。

プルトニウム239が心配!!

福島第一原子力発電所3号機に使われている燃料はMOX燃料と言って、もともとプルトニウム(二酸化プルトニウムの形)が4〜9%含まれています。(但し、原子炉内では核分裂をおこさないウラン238が、ウラン235の核分裂から出てくる中性子を吸収して、ガンマ線をだし、さらにベータ線を出し、プルトニウム239にかわるので、他の原発でも原子炉内ではプルトニウムが増えてくる)

プルトニウムは強い発ガン性をもつ有毒物質です。プルトニウム239は半減期24,100年で、α線(陽子と中性子)を出します。但し重いので遠くには飛散しません。プルトニウム漏出の有無の調査のため原発付近の土壌を調査すべき、とKabは思います。枝野官房長官は、3/27午後の記者会見で、プルトニウムが周辺の土壌汚染しているかどうかの調査を急ぐ考えを明らかにしました。

福島の原発による電気は、殆どこの首都圏に送られている訳ですから、原発の是非(Kabは廃絶すべきの意見)を、この首都圏でも真剣に討議すべきと思います。

山田富士公園”さくら祭り”中止!!

Kabは「東北・関東大震災復興支援の義援金募金活動」として、今年4/2(土)、4/3(日)の山田富士公園”さくら祭り”に全面協力する考えでした。

しかし、この原発問題の解決が不明の中での、3万人規模のこのイベント開催は不可能と判断し、中止となりました。

sakura-matsuri-1

sakura-matsuri-2

Kabは義援金活動を行います。ちなみに、国税庁は「義援金等を寄付した場合の取扱い」をホームページで公開しています。その一部を紹介します。(実行前には必ず、直接国税庁にご確認下さい)

(1) 個人の場合

特定寄付金の合計額-2千円=寄付金控除額として所得控除できます。

但し所得金額の40%までが限度

(2) 法人が義援金等を寄付した場合の取扱い

支出額の全額が損金算入

(3) 日本赤十字社や中央共同募金会の「東北関東大震災義援金」への寄付を郵便振替で行った場合には、郵便窓口で受け取る半券(受領証)をもって寄付したことを証する書類として差し支えありません。

港北ニュータウン「北山田」が発展の筆頭!!

1.世界全体が通貨切り下げ競争に入った。

Kabは、2年前の2008年11月6日のブログ『Kabの疑問シリーズ』で「アメリカ大統領がオバマになり、日本はchange?」として、

(2)『そのアメリカでは、大統領が民主党オバマ氏に「Change」しました。オバマ新大統領は、おそらく早期にイラク戦争をやめるでしょう。海外への戦略行動(戦争や投資)よりも、国内経済を優先するでしょう。保護貿易を志向するでしょう。

レーガン氏にしても、ブッシュ氏にしても共和党政権は「強いドル」を目指しました。しかし民主党政権は、国内経済建て直しのためには「強いドル」政策を変更します。「弱いドル」もいとわないと思います。
(3)こうして、来年はさらに円高ドル安となるでしょう、1ドル80円代に突入するでしょう、日本の実体経済はさらに危機の泥沼に落ち込むでしょう、株価は回復しないでしょう、とKabは大胆予測いたします』
と申しました。

今、まさにその通りとなってきています。1ドル80円前後です。

同時に、世界の各国全体が通貨切り下げ競争に入り、どの国も自国通貨を大量発行していますので、何かのキッカケがあれば、突然バブル経済=超インフレ状態になります。

そのキッカケとは、過去の例で言いますと、1973年〜1974年の第四次中東戦争、1989年北京での天安門事件でした。どちらもその直後に超インフレやバブルになりました。

2.日本の不動産はどうなるか?

日本の不動産で言いますと、日銀による超金融緩和等のお金がはたして不動産市場に向かうかどうかにかかっています。

Kabの経験では、駅近、あるいは区画整理された街、あるいは商業施設が新設・拡大された地域は、売買も、賃貸もお客様が集まってきています。

その筆頭は弊社のある「北山田」です。

3.グリーンライン「北山田」駅の乗降客は1日2万人になりました。

市営地下鉄「グリーンライン」で東急東横線の日吉駅に4駅8分ですし、駅周辺には、交番、消防署、銀行、スーパー2店、大型ドラッグストア3店があります。お医者さんも内科3、耳鼻科1、眼科1、皮膚科1、整形外科1、小児科2と揃いました。スウィートのお店は3店あり、それぞれ素晴らしい味のケーキ等を売っています。美容院さんは、エステを含めますと7店あり、うち1店は保育室を完備しています。

ファミレス・レストランは6店あり、塾は10を超えています。

その上、江戸時代から続く桜の名所“山田富士公園”、国際大会が開かれる“横浜国際プール”があり、毎日多くの人たちが集まります。

つい2週間前の10月3日(日)には北山田秋祭りが山田富士公園で開かれ、3千人の方々が来場され、100人にのぼるお子さんたちが、お神輿をかついでくれました。フラダンス、チアダンス、ヒップホップ、空手演技など、演舞大会も開かれました。30ブースのフリーマーケット(1ブース500円)も盛況でした。

そして、来年平成23年4/2(土)、3(日)には、山田富士公園“さくら祭り”とともに、「つづき交通安全・防犯・消防フェア2011」が3万人規模のイベントとして開かれます。

「あんぜん・あんしん・あかるい街つづき」を定着させます。

Kabもみつや不動産の社員もその準備から手伝います。

4/3(土)、4(日)に山田富士公園”さくら祭り”が開かれます

 平成22年4月3日(土)、4日(日)に江戸時代から続く桜の名所・山田富士公園で”さくら祭り”とともに「つづき交通安全・消防・防災フェア2010」(3万人規模の大イベント)が開かれます。市交通局によるスタンプラリー、パトカー・白バイ・消防自動車展示、子供免許証発行、模擬店、フリーマーケットさらに地域演舞大会等々盛り沢山です。朝10時から午後3時です。

 一昨年の平成20年3月29日のグリーンライン開通・「北山田」駅開業”さくら祭り”は幸いに天候にも恵まれ8千名もの方々のご来場を持って、盛大にお祝いすることができました。山田富士公園、そして公式プール三コプラス飛び込みプールやトレーニングルームもある横浜市国際プールに加えて、北山田に「駅」という素晴らしい「宝」ができました。

 その後、「北山田」駅の乗降客は毎月増え続け、現在の乗降の方は1日2万人近くにまで増えました。「北山田」駅には、農協や郵便局はいち早く、さらに消防署も交番も銀行も開設され、内科・耳鼻科・小児科などの各医院も駅の北側にも南側にも開業され、さらにコンビニは3軒、ファミレスやレストラン、スーパーもそれぞれ複数あります。

 こうして「北山田」駅は順調に発展することができています。横浜市が港北ニュータウン基本構想を発表して40年後の今、ようやく「北山田」は「村」から「町」に変わることができました。この間の地権者の方々のご尽力の結果です。駅と広大な公園とがたった徒歩2分と近い所は、「北山田」がピカ一です。Kabは「北山田」が大好きです。

 皆さん!!4/3(土)、4日(日)は山田富士公園”さくら祭り”に遊びに来て下さい。