女神は山田富士公園に微笑む!!

4/7(土)、8(日)の山田富士公園“さくら祭り”に両日合計で2万8千人もの方々が来てくれました。

北山田小学校、東山田小学校、南山田小学校、牛久保小学校、そして東山田中学校と、この地区のすべての公立学校が演舞大会に出演してくれました。

その写真は弊社のこのホームページに載せています。

Kabが一番心配だったのは、お天気と事故とお金です。女神が山田富士公園“さくら祭り”に来てくれ、すべて上々の結果でした。

4年前の「グリーンライン」開業式“さくら祭り”も晴れでした!

お天気は季節の変わり目なのに両日とも晴れでした。一日目の4/7(土)は風強く、寒かったものの二日目の8(日)は暖かく、桜も八分咲きでした。

4年前の2008年3月29日(土)に「グリーンライン」開業式典“さくら祭り”を挙行した時も、半年前以上から3/29(土)と決めていたにもかかわらず、上天気で山田富士公園の桜が丁度満開でした。

事故なく楽しんでいただきました。

北山田交通安全協会の方々に交通整理をしていただき、北山田家庭防災員の方々に救急体制を組んでいただき、事故なく終わりました。

北山田駅徒歩2分ということで、車というよりもグリーンラインでいらっしゃった方が多数おられました。

グリーンライン各駅の山田富士公園“さくら祭り”新聞特集号「号外」もポスターも貼らせていただき、グリーンライン車内ビデオでも紹介していただいたその効果は絶大でした。

少額予算内で盛況のうちに成功しました。

前記の新聞特集号「号外」は二面に掲載していただいたお店・医院からの広告費でほぼ賄えました。

テント代は、模擬店(1日1万円)22店とフリーマーケット(1日500円)120ブースの収入でほぼ賄えました。

ビンゴ大会の625もの賞品はほとんど協賛品でした。

それ以外の支出は、協賛金と「お祝い」でほぼ賄えました。

こうして、2万8千人もの人・人・人で埋め尽くされた山田富士公園“さくら祭り”は少額予算で盛況のうちに成功いたしました。

消防車3台、起震車1台も来てくれましたが、「白バイや交通安全を教えてくれる車は今年は来ないのですか」と何人の人から言われました。

桜を楽しむ中で、「安心・安全・明るい街 都筑」に役立つイベントを考えていきます。