12月に続き、今年2/23(木)に「北山田」防犯パトロール実施!!!

今年に入り2/23(木)、北山田駅周辺のみならず、近くのコンビニ4ヶ所すべてを防犯パトロールしました。

事前に都筑警察署(生活安全課、地域課)、北山田町内会、北山田商業振興会の三者で情報交換・打ち合わせ(「防犯パトロールは継続しよう」、「若者に対して毅然と対応しよう」、「放置バイク・自転車は決められた場所に移動していただく」等を決めました。)をした上で、昨年12月と今回2/23(木)に計3回実施しました。今後、放置バイク・自転車防止を含めて防犯パトロールを、参加人数は減らしても、定期的に継続します。

「北山田」防犯パトロールの参加者(3日間合計238名)は次の通りでした。

 

平成2312/21()及び12/24()の合計

 

今回:平成242/23()

北山田町内会(男全会長など)

96

 

36

南山田町内会(国武副会長など) 

3

 

北山田小学校(田村校長など)    

3

 

3

北山田小安全スクールゾーン防犯対策協議会 

6

 

3

東山田中学校

 

4

ヒルトップコートきらめきの街管理組合

 

1

神奈川県防犯連絡会

2

 

都筑・少年補導員

9

 

ライオンズステーションレジデンス管理会社(合人社計画研究所)

5

 

3

スターツアメニティ株式会社

 

1

神奈川県警本部(生活安全対策室)、都筑警察署(重江副所長、生活安全課、地域課)

             24

 

             10

北山田商業振興会(鏑木会長など)

20

 

9

合計

168

 

70

防犯パトロール-1

防犯パトロール-2

11-12-12 017

防犯パトロールの様子-4

防犯パトロール-5

2/14  日銀:「攻めの緩和へ半歩前進」日本経済新聞

2/14(火)に日銀は、『資産買入れ基金を10兆円増額し65兆円とする』、『物価上昇率1%が見通せるまで強力な金融緩和を推進していく』等との追加金融緩和策を決めました。日本経済新聞イワク「攻めの緩和へ半歩前進」です。

くしくも同時に米中会議

くしくも2月15日(水)日本経済新聞夕刊一面で二つの記事が並びました。

  • 「表敬訪問異例の85分」としてオバマ米大統領は14日、ホワイトハウスで中国の次期最高指導者に内定している習近平国家副主席と85分間会談した。
  • 「日経平均 一時9200円回復」、「追加緩和好感。円、3か月半ぶり安値」として、15日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続伸し、一時、約半年ぶりの高値をつけた。前日に日銀が追加的な金融緩和を決めたことがきっかけ、円相場が対ドルで一時、3ヶ月半ぶりの安値まで下落。

原発の被災がなければ、日本はもっとストレートに復興する!!

Kabは1/30のブログの結論として、「日本の超円高と超デフレと超国家財政赤字を阻止し、解決するのは、「円」通貨の供給をもっと増やす超金融緩和策をとるべき」と申しました。

そのように日銀が決意したことを支持し、賛成します。

はっきりしていることは、東日本大震災から復興しつつある、日本の製造工場、農作物生産の【生産力】【供給力】は健全であるので、原発被害がなければ、もっとストレートに復興している、「円」通貨供給をもっと増やしても、日本は超インフレにはならない、ということです。

さらに為すべきことは、本当に真剣に少子化を食い止めること、お子たち、若者たちが増える方策を実行することと、Kabは思います。