何故、138兆円もの損失がでたのか?

9/24国際通貨基金(IMF)はサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題をきっかけに広がった金融不安に関連し、世界の金融機関が被った損失の総額が1兆3千億ドル(約138兆円)にのぼる、と発表しました。このことにKabは次の3つの疑問を持っています。このブログを見た方、是非ご意見をお寄せ下さい。できれば、解明の答えを教えて下さい。

(1) 損失が発生したということは、その対極に儲けた(それもボロ儲けした)会社があったはずである。例えばそれらの家を建てた建築会社、土地を提供し・売却した人(又は会社)、販売した不動産会社などである。何故アメリカ政府・世界の金融機関は、ボロ儲けした会社に利益の返還を求めないのか?

(2) そもそも、何故に「信用力の低い個人」に住宅ローンを貸し付けたのか、である。確かに当初は利息が安いから、払えるだろうが、途中から利息が上がり・返済額も大幅に上がるから当然のごとく破綻する。(かつての住宅金融公庫融資「ステップ償還」を過度にしたもの)

唯一、住宅価格が急激に上昇する場合は、破綻は先延ばしにはなる。でもこれは正に『バブル』ではないか。質(たち)の悪いことにはこの住宅ローン債権を証券化・小口化して、全世界の金融機関に売って『バブル』をバラまいたことである。日本のメガバンクも、ついに十数年前に日本の『バブル』の痛い経験もしていながら、このサブプライムローンの証券を多額に購入した。昨年6月5日発売された「世界バブル経済終わりの始まり」(松藤民輔著)で、2007年2月27日の『グレーチューズデー』が「世界的なバブルの終わりの始まり」、「サブプライムローンは・・・不良債権」、「本質的原因はアメリカの不動産バブルにあるのだ」と、すでに指摘してた。

(3) そうであるのに、アメリカ政府は貸し手責任を問うことなく金融不良資産買取(資金約75兆円)などとして公的資金導入を、何故決めたのか?

自由にかつグローバルに活動していた金融大企業の貸し手責任は問われないのか?確かに、37年前の1971年「ニクソン・ショック」でそれまではUSドルは金(Au)と交換してくれたが、以後USドルは金と兌換しないとなったので、USドルの大量供給は可能とは言えます。

清原さんの引退はどうして早いの?

PL学園ー西武ライオンズー読売巨人軍ーオリックスブルーウェーブで活躍した清原選手が引退するとのことです。落合さんのバッティングの『極意』を学び掴めれば、もっと・まだまだ活躍できた大選手、とKabは思います。それは清原さんの一番素晴らしい当りは、右中間方面だからです。

清原さんは、往年筋力トレーニングによって、ロボットのような体になった。力がガンガンにある身体になった。

しかし「力」に頼った結果は選手寿命を延ばすことにならず、また清原さんの潜在能力(Potential)を100%引き出すことにならずに終わってしまった。

Kabの大好きな長嶋さん(ちょうど10年違いの大先輩・同じ2月20日生まれで、Kabの先祖も千葉県佐倉出身)はフォームよりも「カン」と「タイミング」で打つ人。

すべてに尊敬される王さんは、1点でバシッと集中したパワーで叩くバッティング。だからライト方面の方面のホームランが多い。

イチローさんは変幻自在、ともかく非常に正確なタイミングでボールを叩くバッティング。だからボールはあっちこっちに飛んで行く。

落合さんは、『ボールを叩くのではなくバットにのせて、少しつまり気味に打つ』人。

清原さんは、西武の後半時代や巨人軍時代のいわゆる「力」がなくなってきてからも、「力」で叩くバッティングにこだわってきたと見える。しかし、Kabは清原さんは「力」で叩くのではなく、落合さんに弟子入りして落合さんの、『バットにのせて、すこしつまり気味にして打つ極意』(それは右中間に飛ぶ)を掴めば、まだまだ活躍できたと思う。「右中間の清原」との異名で残念至極!!

(ちなみに、Kabは石油会社時代、会社の野球部に所属し、副主将で捕手だった。非力であったので、どうバットにボールをミートさせるかを一所懸命に考え・練習した)