石油産油国のドルを日本に還流?!

不動産会社では、アーバンコーポレーション(負債総額2,558億円)が、建設会社では、三平建設(負債総額167億円)がいわゆる倒産した。どちらの会社にも、Kabは訪問したことがあるので、他人事と思えない。アーバンコーポレーションは、いわゆる黒字倒産であった。

日曜日朝のテレビを見ていたら、竹中平蔵・慶応大学教授が出ていて、「日本の不動産、例えば首都圏のビルも、アジア諸国の都市の不動産に比べたら、ずーっと安い。今、日本の不動産企業が倒産とかの騒ぎになっているのは、金融機関がお金を貸さないからだ。政府は何とかすべきだ」旨発言していた。

弊社で預かっている中古マンションも、中古戸建て物件も、価格を少し下げれば売れている。不動産業界が青息吐息なのは、新築建売り(含新築マンション)分譲会社とビルのリファイン事業会社に対して、銀行がお金を融資しないことが原因、との声が聞こえている。

逆に売れ残り新築マンションを、一括現金で安く仕入れて、大量に売り切る『再販業者』は超多忙で、大儲けしていると、これまたテレビで報映していた。

Kabの考える解決策を述べる。実現させたいことです。

  1. 巨視的解決策:安くなったとはいえ、原油価格はまだ110ドル/バーレルなので、石油産油国にある大量のドルを日本の不動産に投資してもらうシステム(ルート)を作る(「韓流」ではなく「還流」)。中国の不動産は下落に転じているので、中国に投資している資金も日本の不動産に振り向ける。
  2. 出入国管理法の改正:インドネシアから看護士が日本に来ることになったが、このように資格なりを前提としても、日本の厳しい出入国管理の門戸を広げ、アジアの労働力が日本にもっとくるようになれば、その人達の住まいの需要が増え、また少子化の解決となる。
  3. 微視的には、またぞろ不良債権化した不動産が急増していることについて、裁判所の競売では、数が多すぎて処理能力を超えているから、任意売買を促進する必要がある。弊社は毎月、競売・債務超過物件を数物件任意売買で解決しているが、時間がかかるのは、債権者(抵当権者)が抹消金額のハードルをなかなか下げない、後順位(つまり競売であれば配分ゼロ)であっても、「任意売買だから」として「50万円」、「100万円」や「200万円」のハンコ代を要求することがあるからです。抵当権抹消のハードルをもっと下げてもらい、早く解決する必要がある。

最近わかった大いなる不合理は、住宅都市整備公団(UR)は、任意売買を全く認めない、債務超過になったら、裁判所による競売の道しか認めないのです。港北ニュータウンのUR物件はほとんどが債務超過状態です。しかし、競売に比べて、資金回収を早く確実にできる任意売買による解決を、URは拒否するという不合理を知りました。

何故、自動車の販売シェアーが逆転したのか?

8/3付日本経済新聞に「日米、勝者なき逆転劇」と題する記事が載っていた。石油暴騰により、自動車の売れ行きがバッタリと落ち込む中で、米国市場で新車販売シェアーが日本勢は米国勢を上回ったという記事です。

kabはかつて石油会社で働き、自動車のエンジンオイルの開発に従事したことがあったので、石油と自動車の動向にはいつも注目しています。

もともと自動車を開発し、「T型フォード」という量産車を作ったのはアメリカです。日本は全くの後進国でした。エンジンオイルの性能のランク(SA~SL、CA~CF)付けもアメリカのAPIが規準を決めています。それが、1974年~79年の石油ショック(原油価格が1バーレル数ドルから数十ドルに高騰)の後、燃費よりも馬力と大型化を重要視していた米国車の売れ行きは鈍くなりました。

対米輸出を開始した燃費の良い日本車の販売台数が急激に伸びました。「日本車たたき」が政治問題化しました。そのため日本は、1981年日本車の対米輸出自主規制、1982年ホンダ、米工場稼動等を実行し、さらに1ドル80円の超円高⇒プラザ合意となりました。

そして今、相変わらず燃費が悪いアメリカ車、ことにピックアップ車(大型の貨客兼用車)は全く売れ行き不振となりました。逆に日本車は順調に販売を伸ばし、ついに日米の自動車販売シェアーが逆転したのです。

省エネ・省資源・省力化を達成する企業のみが生き延びれるという時代、と思います。

伝統を守り、北山田全体が生き生きと!!

8月1日(金)、2日(土)に行われた北山田盆踊り大会(北山田町内会主催)に延べ6千人を越す方々が来てくれました。小生が北山田商業振興会の会長になって、初めてイベントということもあり、緊張しましたが、買い出しから撤収まで、多くの役員さん、会員さんの絶大な協力(延べ約160人)があり、成功裡に終えることができました。

特に町内会の役員の方々はこの炎暑の中、7/27草刈り、7/31テント設営・提灯付け等、8/1準備と盆踊り、8/2盆踊り、8/3撤収と連日汗だくになりながらもキビキビと行っていました。北山田はこういう積み重ねがある素晴らしい街です。

かき氷(100円)2,020個、綿あめ(100円)683個、磯辺焼(100円)1,000皿、とうもろこし(100円)300本、フランクフルト(150円)1,900本、スーパーボール(100円)1,146個のどれもが目標通り完売しました。

また、例年提供している約100人のハワイアン・フラダンスも、東山田中学校の32人のヒップホップダンスも好評でした。皆様、大変ありがとうございました。近い内に盆踊り大会の写真をホームページに掲載いたします。町の役員をはじめ、みんなで伝統を守り、盛り上げた盆踊り大会でした。