みつや不動産・2008年(平成20年)年間方針

今年3月に市営地下鉄4号線「グリーンライン」が開通し、北山田駅(当社から徒歩1分)が開業することから、地域戦略を強化することなど、今年度の方針を決めました。

1.港北ニュータウン、ことに山田地区の地域戦略を強化する

  • 北山田、東山田、南山田、すみれが丘等を「テリトリー」とし、この地域の賃貸物件をすべて100%把握した上で、賃貸管理物件を増やす。

その為に10年間続けている「地主様への手紙」に加え、戸別訪問を実行します。

2.売買物件を着実に成約する

  • 購入・再販は今年度前半は慎重にする。マンションは全面リフォーム(リノベーション)する。
  • 債務超過物件の所有者様を訪問する。
  • みつやファンを増やす。ことに弁護士、税理士の方々を増やす。

 

3.バックアップ体制、サポート部門

  • ホームページを更に充実させる。

賃貸物件と地図との連動を進める。

  • DMの確実性、DM内容の最新化・刷新をする。
  • 山田地区の分譲マンションへのチラシ配りを定期的に且つ集中して行う。

※以上の方針を決定するにあたって、経済状況の予測をしました。

(1)ドル安=1ドル110円⇒90~100円となり、その次に夏ごろに原油バブルが修正され、1バーレル100ドル⇒50~70ドルとなるでしょう。

  • アメリカ経済は緊縮財政に変わり、車など対米輸出は減速するでしょう。
  • 省エネ技術、エコ技術の開発を成功させた企業だけが躍進するでしょう。

(2)不動産業は今年度前半は不調で、氷結状態でしょう。後半は堅調になるでしょう。

  • 中小企業の倒産件数は増えるでしょう。

(3)北山田等の「テリトリー」は、グリーンラインの3/29(土)開通 3/30(日)営業運転開始で、日吉から都心等へのアクセスが便利になるので、より注目されるでしょう。

  • 港北ニュータウンでは、センター北と南の間に、今年コーナン二店目、ヤマダ電機などが開店します。センター北 センター南の次にますます北山田の人気は高くなるでしょう。